労働基準

2017年5月31日 (水)

労働基準関係法令の違反企業、建設業が約3割

 東京商工リサーチは5月17日、「『労働基準関係法令の違反企業332社』企業実態調査」を発表しました。
 5月10日に厚生労働省が「労働基準関係法令違反に係る公表事案」として法令に違反した企業名を初めて公表したことを受け、公表された332社について分析とのことです。
 産業別では、建設業115社(構成比34.6%)、製造業76社(同22.8%)、サービス業他68社(同20.4%)などだそうです。

こちら、「労働基準関係法令の違反企業332社」企業実態調査

|

2017年5月30日 (火)

部活動顧問でうつ病、解雇無効 高校教諭が逆転勝訴 東京高裁

 スポーツ強豪校で知られる横浜市港北区の私立男子校「武相高校」で水泳部顧問を務めていた男性教諭(59)が、うつ病で休職中に懲戒解雇されたのは不当だとして、同校に地位確認を求めた訴訟の控訴審判決が5月17日、東京高裁でありました。
 野山宏裁判長は「好成績を課されていると強く感じ、心理的負担があった」と述べ、訴えを退けた一審判決を取り消し、解雇を無効と判断する逆転勝訴を言い渡したそうです。

こちら、部活動顧問でうつ病、解雇無効 高校教諭が逆転勝訴 東京高裁

|

2017年5月21日 (日)

東本願寺、残業代不払い 「時間外払わない」覚書 京都

 真宗大谷派本山の東本願寺(京都市下京区)が、研修施設で働く男性僧侶2人に、残業代を支給していなかったことが4月26日、分かりました。
 「時間外割増賃金は支給しない」との違法な文言を含む覚書を、労働者代表と交わしていたそうです。
 2人が外部の労働組合に加入し労使交渉を行い、同派は2013年11月~今年3月の不払い分として、計約660万円を支払ったとのことです。

こちら、東本願寺、残業代不払い 「時間外払わない」覚書 京都

|

2017年5月14日 (日)

電通3支社幹部を書類送検 違法残業容疑、法人も

 広告最大手・電通(東京)の違法残業事件で、厚生労働省大阪労働局などは4月25日、本社以外でも労使協定に反し長時間残業させていたとして、労働基準法違反容疑で関西(大阪市)、京都(京都市)、中部(名古屋市)3支社の労務担当幹部ら計3人と、法人としての同社を各地の地検に書類送検したとしています。

こちら、電通3支社幹部を書類送検 違法残業容疑、法人も

|

2017年5月 1日 (月)

いなげやの42歳男性社員が過労死 一般食品チーフ、埼玉の店舗 長時間残業認定

 首都圏でスーパーを展開するいなげやの男性社員=当時(42)=が2014年、埼玉県の店舗で勤務中に倒れて死亡し、さいたま労働基準監督署が長時間の時間外労働が原因として労災認定していたことが4月17日、分かったそうです。
 遺族側代理人の弁護団が記者会見し明らかにしたとのことです。

こちら、いなげやの42歳男性社員が過労死

|

2017年4月12日 (水)

関電、未払い時間外賃金17億円 従業員1万3,000人

 関西電力は3月30日、未払いの時間外賃金があったとし、従業員約1万2,900人に総額約16億9,900万円(1人当たり月平均約5,500円)を支払うと発表しました。
 大阪労働局から是正勧告と指導を受け、約2万2,400人の全従業員について調査したところ未払い分が判明したそうです。
 4月の給与支給日に精算するとのことです。

こちら、関電、未払い時間外賃金17億円 従業員1万3,000人

|

2017年3月25日 (土)

タクシー会社を書類送検 虚偽の勤務日報提出 横浜南労基署

 タクシー運転手の虚偽の勤務日報を提出したとして、横浜南労働基準監督署は3月14日、労働基準法違反容疑で、富士タクシー(横浜市)と代表取締役の男性(52)を横浜地検に書類送検しました。

こちら、タクシー会社を書類送検 虚偽の勤務日報提出 横浜南労基署
 

|

2017年2月16日 (木)

ミスド店長過労死で賠償 運営会社に4,600万円 津地裁

 ドーナツチェーン「ミスタードーナツ」の男性店長=当時(50)=が死亡したのは長時間労働が原因だとして、遺族がフランチャイズ店を運営する「竹屋」(三重県四日市市)と経営陣を相手に約9,600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が1月30日、津地裁でありました。
 岡田治裁判長は業務と死亡の因果関係を認め、竹屋などに約4,600万円の支払いを命じました。

こちら、ミスド店長過労死で賠償 運営会社に4,600万円 津地裁

|

2017年2月13日 (月)

HIS社長らを聴取 従業員残業、上限100時間超か 労基法違反事件

 大手旅行会社エイチ・アイ・エス(HIS)が従業員に違法な長時間労働をさせたとされる労働基準法違反事件で、東京労働局が沢田秀雄会長兼社長ら同社幹部を複数回にわたって事情聴取していたことが2月1日、分かったそうです。

こちら、HIS社長らを聴取 従業員残業、上限100時間超か 労基法違反事件

|

2017年1月25日 (水)

関電、時間外賃金未払い 労基署が昨年12月に是正勧告

 関西電力の本社で時間外労働の割増賃金の未払いがあったとして、大阪労働局天満労働基準監督署が関電に対し2016年12月20日に是正勧告したことが1月17日、分かったそうです。
 労働時間を適正に把握する方策の検討、実施なども指導したとのことです。
 関電は岩根茂樹社長を委員長とする社内検討組織「『働き方』改革・健康経営委員会」を設置し、1月20日に初会合を開くそうです。

こちら、関電、時間外賃金未払い 労基署が昨年12月に是正勧告
 

|