労働基準

2020年2月19日 (水)

「労働基準法の一部を改正する法律案」を閣議決定

 2月4日、「労働基準法の一部を改正する法律案」が閣議決定されました。
 法律案は、賃金債権の消滅時効期間を5年(当面3年)とするなどの内容としています。 
 2020年4月施行。
 施行日以後に賃金支払日が到来する賃金請求権については、新たな消滅時効期間を適用するとのことです。

こちら、労働基準法の一部を改正する法律案の概要
https://www.mhlw.go.jp/content/000591650.pdf

 

 

|