内閣府

2018年6月12日 (火)

消費者態度指数43.8、前月差0.2ポイント上昇 5月消費動向調査

 内閣府は5月30日、2018年5月の「消費動向調査」結果を公表しました。
 「消費者態度指数(二人以上の世帯、季節調整値)」は、前月から0.2ポイント上昇して43.8としています。
 6か月ぶりに前月を上回った。
 消費者マインドの基調判断は「弱含んでいる」に据置きとのことです。

こちら、消費動向調査(平成 30 年5月実施分)調査結果の要点
 

|

2018年5月19日 (土)

4月の街角景況感、前月差0.1ポイント上昇 景気ウォッチャー調査

 内閣府は5月10日、タクシー運転手やコンビニ店長らに街角の景況感をたずねた2018年4月の「景気ウォッチャー調査」の結果を公表しました。
 現状判断DI(季節調整値)は、前月差0.1ポイント上昇の49.0。2か月連続の増加。
 先行き判断DI(季節調整値)は、前月差0.5ポイント上昇の50.1。
 「緩やかな回復基調が続いているとしています。
 先行きについては、人手不足、コストの上昇等に対する懸念もある一方、引き続き受注、設備投資等への期待がみられる」としているそうです。

こちら、平成30年4月調査結果(抜粋):景気ウォッチャー調査

|

2018年5月15日 (火)

消費者態度指数43.6、前月差0.7ポイント低下 4月消費動向調査

 内閣府は5月2日、2018年4月の「消費動向調査」結果を公表しました。
 「消費者態度指数(二人以上の世帯、季節調整値)」は、前月から0.7ポイント低下して43.6。2カ月ぶりに前月を下回ったそうです。
 消費者マインドの基調判断は「弱含んでいる」に下方修正とのことです。

こちら、消費動向調査(平成 30 年4月実施分)調査結果の要点

|

2018年4月21日 (土)

3月の街角景況感、前月差0.3ポイント上昇 景気ウォッチャー調査

 内閣府は4月9日、タクシー運転手やコンビニ店長らに街角の景況感をたずねた2018年3月の「景気ウォッチャー調査」の結果を公表しました。
 現状判断DI(季節調整値)は、前月差0.3ポイント上昇の48.9とのことです。4か月ぶりの増加としています。

こちら、平成30年3月調査結果(抜粋):景気ウォッチャー調査
 

|

2018年3月29日 (木)

一致指数、前月差4.8ポイント下降 1月・景気動向指数の改訂状況

 内閣府は3月20日、2018年1月の「景気動向指数・速報からの改訂状況」を公表しました。
 景気の現状を示す「一致指数」は、前月差4.8ポイント下降の114.9(速報値は114.0)としています。

こちら、景気動向指数 結果

|

2018年3月21日 (水)

2月の街角景況感、前月差1.3ポイント低下 景気ウォッチャー調査

 内閣府は3月8日、タクシー運転手やコンビニ店長らに街角の景況感をたずねた2018年2月の「景気ウォッチャー調査」の結果を公表しました。
 現状判断DI(季節調整値)は、前月差1.3ポイント低下の48.6としています。
 今回の結果について、「天候要因等により一服感がみられるものの、緩やかな回復基調が続いている。」などとしています。

こちら、平成30年2月調査結果(抜粋):景気ウォッチャー調査
 

|

2018年3月14日 (水)

消費者態度指数44.3、前月差0.4ポイント低下 2月消費動向調査

 内閣府は3月1日、2018年2月の「消費動向調査」結果を公表しました。
 「消費者態度指数(二人以上の世帯、季節調整値)」は、前月差0.4ポイント低下し44.3としています。
 2月の基調判断は、「足踏みがみられる」に下方修正。意識指標のうち「雇用環境」は、前月差1.0ポイント低下し48.7とのことです。

こちら、消費動向調査(平成 30 年2月実施分)
 

|

2018年2月24日 (土)

1月の街角景況感、前月差4.0ポイント低下 景気ウォッチャー調査

 内閣府は2月8日、タクシー運転手やコンビニ店長らに街角の景況感をたずねた2018年1月の「景気ウォッチャー調査」の結果を公表しました。
 現状判断DI(季節調整値)は、前月差4.0ポイント低下の49.9としています。
 今回の結果について、「天候要因等により一服感がみられるものの、緩やかな回復基調が続いている。」などとしています。

こちら、平成30年1月調査結果:景気ウォッチャー調査

|

2018年2月16日 (金)

消費者態度指数44.7、前月と変わらず 1月消費動向調査

 内閣府は1月31日、2018年1月の「消費動向調査」結果を公表しました。
 「消費者態度指数(二人以上の世帯、季節調整値)」は、前月と変わらず44.7としています。
 1月の基調判断は、「持ち直しのテンポが緩やかになっている」に下方修正しました。
 意識指標のうち「雇用環境」は、前月差0.7ポイント上昇し49.7とのことです。

こちら、消費動向調査(平成 30 年1月実施分)

|

2018年1月28日 (日)

12月の街角景況感、前月差0.2ポイント低下 景気ウォッチャー調査

 内閣府は1月12日、タクシー運転手やコンビニ店長らに街角の景況感をたずねた2017年12月の「景気ウォッチャー調査」の結果を公表しました。
 現状判断DI(季節調整値)は、前月差0.2ポイント低下の53.9としています。
 今回の結果について、「緩やかに回復している」などとしています。

こちら、平成29年12月調査結果:景気ウォッチャー調査

|

より以前の記事一覧