総務省

2017年3月24日 (金)

「東日本大震災前後の人口の移動状況」 総務省・統計トピックス

 総務省は3月14日、統計トピックス「東日本大震災前後の移動状況」をホームページに掲載しました。
 「2015年国勢調査移動人口の男女・年齢等集計結果」を基に、2010年国勢調査結果を「東日本大震災前」、2015年国勢調査結果を「東日本大震災後」として、人口の移動について、主に福島県の状況を紹介しています。

こちら、統計トピックスNo.99 東日本大震災前後の移動状況

|

2017年3月14日 (火)

1月の二人以上世帯の消費支出、 前年同月比実質1.2%減少 家計調査報告

 総務省が3月3日公表した「家計調査報告」(速報)によると、2017年1月の二人以上世帯の1世帯当たりの消費支出は、 前年同月比実質1.2%減の27万9,249円としています。
 勤労者世帯の1世帯当たりの実収入は、 同実質1.0%増の44万1,064円とのことです。

こちら、家計調査(二人以上の世帯)平成29年(2017年)1月分速報

|

2017年3月 5日 (日)

二人以上世帯の1世帯当たり1カ月平均消費支出、前年同期比実質0.7%減

 総務省が2月17日公表した「家計調査報告(家計収支編)2016年10~12月期平均速報」結果によると、二人以上世帯の1世帯当たり1カ月平均消費支出は29万432円で、前年同期比実質0.7%減少としています。
 勤労者世帯1世帯当たり(二人以上世帯)の1カ月平均実収入は61万4,387円で、同実質1.4%の増加とのことです。
 同時に公表された「2016年平均速報」結果によると、二人以上世帯の1世帯当たりの1カ月平均消費支出は28万2,188円、同実質1.7%減少で、3年連続の減少だそうです。

こちら、2016年10~12月期平均速報

|

2017年3月 4日 (土)

非正規割合37.7%、3期ぶり低下 労働力調査(詳細集計)2016年10~12月期平均速報

 総務省が2月17日公表した「労働力調査(詳細集計)2016年10~12月期平均(速報)」結果によると、役員を除く雇用者5,414万人のうち、正規の職員・従業員は前年同期比64万人増加の3,371万人、非正規は27万人増加の2,042万人としています。
 役員を除く雇用者に占める非正規割合は37.7%で、3期ぶりに低下とのことです。

こちら、労働力調査(詳細集計) 2016年10~12月期平均(速報)結果

|

2017年3月 3日 (金)

1年以上の完全失業者76万人 労働力調査(詳細集計)2016年平均速報

 総務省が2月17日公表した「労働力調査(詳細集計)2016年平均(速報)」結果によると、2016年平均の完全失業者は208万人で、前年比14万人減少としています。
 うち、失業期間が「1年以上」の者は、同1万人減少の76万人。
 比較可能な2002年以降で過去最少とのことです。

こちら、労働力調査(詳細集計) 2016年平均(速報)結果

|

2017年3月 2日 (木)

2016年9月の総人口、前年同月比16万2,000人減 総務省人口推計

 総務省は2月20日、2016年9月確定値及び17年2月概算値の人口推計を公表しました。
 16年9月1日現在の総人口(確定値)は1億2,690万3,000人で、前年同月比16万2,000人(0.13%)減としています。
 日本人人口は1億2,504万5,000人。17年2月1日現在の総人口(概算値)は1億2,683万人で、同18万人(0.14%)の減少とのことです。

こちら、人口推計 2016年9月確定値,平成29年2月概算値

|

2017年2月25日 (土)

2016年10~12月期の個人企業の業況判断、前期比2.0ポイント改善

 総務省は2月10日、2016年10~12月期の「個人企業経済調査(動向編)」速報結果を公表しました。
 個人企業の企業主の業況判断DIはマイナス61.4で、前期(2016年7~9月期)に比べ、2.0ポイント改善とのことです。

こちら、個人企業経済調査(動向編)平成28年10~12月期結果(速報)

|

2017年2月14日 (火)

2016年12月の二人以上世帯の消費支出、前年同月比実質0.3%減少

 総務省が1月31日公表した「家計調査報告」(速報)によると、2016年12月の二人以上世帯の1世帯当たりの消費支出は、前年同月比実質0.3%減の31万8,488円としています。
 勤労者世帯の1世帯当たりの実収入は、 同実質2.3%増の92万4,920円とのことです。

こちら、家計調査(二人以上の世帯)平成28年(2016年)12月分速報

|

2017年2月 6日 (月)

2016年12月の生鮮食品を除く総合指数、前年同月比0.2%下落

 総務省が1月27日公表した2016年12月の全国消費者物価指数は、生鮮食品を除く総合指数は99.8で、前年同月比0.2%下落としています。
 16年平均では生鮮食品を除く総合指数は99.7で、前年比0.3%の下落とのことです。

こちら、2016年12月

こちら、2016年平均

こちら、東京都区部2017年1月分(中旬速報値)

|

2017年1月 6日 (金)

11月の生鮮食品を除く総合指数、前年同月比0.4%下落 全国消費者物価

 総務省が12月27日公表した2016年11月の全国消費者物価指数は、生鮮食品を除く総合指数で99.8。前月と同水準、前年同月比は0.4%下落としています。

こちら、2015年基準 消費者物価指数 全国 2016年11月分

こちら、東京都区部2016年12月分(中旬速報値)

こちら、東京都区部2016年平均(速報値)

|

より以前の記事一覧