賃金・給与・賞与

2018年12月28日 (金)

「転職賃金相場2018」を発表

 一般社団法人 人材サービス産業協議会は12月14日、「転職賃金相場2018」を発表しました。
 主要13職種と、新規性の高い「ビッグデータ・サイエンティスト」、人材不足感が強い
「施工管理」「販売・飲食系店長(候補含)」「介護(施設・訪問)」の4職種について、
2018年4~8月に求人企業が提示した年収相場をとりまとめたものとしています。
 幅はあるものの職種ごとの相場が一定程度存在し、ほぼ全職種で600万円以上はマネジメント業務、400万円未満になると未経験が多くなる、などとしているそうです。

こちら、「転職賃金相場2018」リリースのお知らせ

|

2018年9月13日 (木)

「2017年 年間集計 パートタイマーの募集時平均時給」を発表

 アイデム人と仕事研究所は8月28日、2017年のパートタイマーの募集時平均時給(年間集計)を発表しました。
 東日本エリアの平均時給は1,002円(対前年比0.4%増)、西日本エリアは972円(同2.2%増)としています。
 職種別に見ると、関東エリアで最も増加したのは「配送ドライバー」の62円増、関西エリアは「看護助手」の62円増とのことです。

こちら、「2017年 年間集計 パートタイマーの募集時平均時給」を発表

|

2018年8月13日 (月)

「前職と比べ賃金が1割以上増加した転職決定者数の割合」30.1%

 リクルートキャリアは7月23日、「2018年4-6月期 転職時の賃金変動状況」を発表しました。
 「前職と比べ賃金が1割以上増加した転職決定者数の割合」は30.1%としています。
 前年同期比2.0ポイント上昇とのことです。
 13年以降、上昇基調が続いているとしているそうです。
こちら、「前職と比べ賃金が1割以上増加した転職決定者数の割合」は30.1%

|

2018年7月28日 (土)

アルバイト等の6月平均時給、東日本エリアの「飲食サービス職」過去最高額

 アイデムは7月3日、「パート・アルバイトの募集時平均時給」6月集計結果を発表しました。
 東日本エリアの平均時給は1,013円(前年同月比6円増)、西日本エリアの平均時給は987円(同29円増)、東日本エリアの「飲食サービス職」は971円(同33円増)で集計開始以来過去最高としています。

こちら、2018年6月 パート・アルバイトの募集時平均時給
 

|