中小企業

2019年9月18日 (水)

日本の景況感DIは世界最下位に

 太陽グラントソントンは9月4日、非上場企業を中心とする中堅企業経営者を対象とした「景況感」意識調査(2019年上半期)結果を発表しました。
 世界的に景況感が悪化する中で、日本の景況感DIは、前回調査(18年下半期)比14ポイント減のマイナス40となり、調査対象全33カ国中、前回のワースト2位から、世界最下位となったそうです。
 日本の中堅企業による景気の先行きへの不安感が拡大している結果だとしています。

こちら、第34回「中堅企業経営者『景況感』意識調査」
https://www.grantthornton.jp/globalassets/1.-member-firms/japan/pdfs/press/press_20190904.pdf

 

|

2019年9月 8日 (日)

中小企業の売上げDI、8カ月連続でマイナス 中小企業景況調査

 日本政策金融公庫は8月27日、中小企業景況調査(8月)結果を公表しました。
 売上げDI(増加-減少)はマイナス7.6(前月比4.0ポイント低下)で、8カ月連続のマイナス圏としています。
 建設関連や設備投資関連、電機・電子関連などで低下とのことです。
 製造業の従業員判断DI(不足-過剰)は14.3(同1.2ポイント低下)で、出版・印刷業や化学工業、輸送用機械器具製造業などで低下したそうです。

こちら、中小企業景況調査(2019年8月)要約版
https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/keikyoyouyaku_1908.pdf

 

|

2019年6月16日 (日)

中小企業の売上げDI、5カ月連続でマイナス 中小企業景況調査

 日本政策金融公庫は5月30日、中小企業景況調査(5月)結果を公表しました。
 売上げDI(増加-減少)はマイナス6.5(前月比3.7ポイント低下)で、5カ月連続のマイナス圏としています。
 食生活関連や建設関連、電機・電子関連などで低下とのことです。
 製造業の従業員判断DI(不足-過剰)は19.5(同0.3ポイント低下)で、輸送用機械器具製造業や食料品製造業、化学工業などで低下したそうでか。

こちら、中小企業景況調査(2019年5月)要約版
https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/keikyoyouyaku_1905.pdf

 

|

2019年3月28日 (木)

中小企業の約3割が米中貿易摩擦によるマイナスの影響あり

 日本政策金融公庫は3月5日、「米中貿易摩擦の中小企業への影響に関する調査」~「中小企業景況調査」(2019年1月)付帯調査~結果を発表しました。
 米中貿易摩擦による業況へのマイナスの影響について尋ねたところ、「大いにある」(8.1%)、「少しある」(20.0%)とのことです。


こちら、中小企業の約3割が米中貿易摩擦によるマイナスの影響あり
https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/tokubetu_190305.pdf


 

|