文科省

2017年5月22日 (月)

小中学校教員、いずれの職種でも学内勤務時間が増加 文科省調査

 文部科学省は4月28日、「教員勤務実態調査(2016年度)の集計(速報値)」を公表しました。
 教員の1日当たりの学内勤務時間は、前回調査(2006年度)との比較で平日・土日ともに、いずれの職種でも増加としています。
 教諭については1日当たり、小学校は平日43分・土日49分、中学校は平日32分・土日1時間49分とのことです。

こちら、教員勤務実態調査(平成28年度)の集計(速報値)

|

2017年3月 1日 (水)

2017年3月高卒予定者の就職内定率、90.9% 文科省調査

 文部科学省は2月17日、「2017年3月高等学校卒業予定者の就職内定状況(2016年12月末現在)」を公表しました。
 就職内定率は90.9%で、前年同期から0.9ポイント上昇。
 男女別では男子92.0%(同0.5ポイント増)、女子89.2%(同1.4ポイント増)としています。

こちら、平成29年3月高等学校卒業予定者の就職内定状況

|

2017年1月 2日 (月)

2017年3月高校卒業予定者の就職内定率74.9% 文科省調査

 文部科学省は12月16日、「2017年3月高等学校卒業予定者の就職内定状況(2016年10月末現在)」を公表しました。
 就職内定率は74.9%で、前年同期から1.5ポイント上昇とのことです。
 男女別では男子76.1%、女子73.0%で、男子が同1.3ポイント、女子が同1.8ポイント、それぞれ上昇したそうです。

こちら、平成29年3月高等学校卒業予定者の就職内定状況(平成28年10月末現在)

|

2016年10月 8日 (土)

採用選考活動、6月前開始企業が5割強 就職問題懇談会調査

 文部科学省は9月23日、就職問題懇談会がとりまとめた2016年度の「就職・採用活動に関する調査」(大学等調査及び企業調査)」結果の速報版を公表しました。
 企業調査の結果によると、採用選考活動開始時期で、最も多かったのは、大企業は6月(39.2%)、中小企業が4月(27.0%)とのことです。
 6月より前に開始したのは、大企業56.7%、中小企業57.7%としています。

こちら、平成28年度 就職・採用活動に関する調査結果(速報版)

|

2016年3月30日 (水)

2014年度「大学等におけるインターンシップ実施状況」を公表 文科省

文部科学省は3月15日、2014年度の「大学等におけるインターンシップ実施状況」調査の結果を公表しました。
インターンシップを単位認定している大学と、単位認定はしていないが学生の参加状況は把握・関与している大学の合計は740校で、昨年度より10校増加とのことです。

こちら、平成26年度大学等におけるインターンシップ実施状況について

|

2016年3月28日 (月)

2017年3月新規高卒者の採用選考期日等 文科省・厚労省等

 全国高等学校長協会、主要経済団体(経団連、日商、全国中央会)、文部科学省及び厚生労働省はこのほど、2017年3月に高校を卒業する生徒等の採用選考期日等について取りまとめ、3月16日公表しました。
 企業による学校への求人申込及び学校訪問開始は7月1日、企業による選考開始及び採用内定開始は9月16日としています。

こちら、平成29年3月新規高等学校卒業者の就職に係る推薦及び選考開始期日等

|

2016年2月27日 (土)

2016年3月高卒予定者の就職内定率90.0% 文科省調査

 文部科学省は2月12日、「2016年3月高等学校卒業予定者の就職内定状況」を公表しました。
 それによると、2015年12月末の高卒予定者の就職内定率は90.0%で、前年同期から1.2ポイント上昇としています。
 男女別では男子91.5%(前年同期比0.8ポイント増)、女子87.8%(同1.9ポイント増)とのことです。

こちら、平成28年3月高等学校卒業予定者の就職内定状況(平成27年12月末現在)

|

2015年12月24日 (木)

2016年3月高卒予定者の就職内定率73.4% 文科省調査

 文部科学省は12月11日、「2016年3月高等学校卒業予定者の就職内定状況」を公表しました。
 それによると、10月末の高校卒業予定者の就職内定率は73.4%で、前年同期から2.3ポイント上昇したそうです。
 男女別では男子74.8%、女子71.2%で、男子が1.9ポイント、女子が2.9ポイント、それぞれ上昇したとのことです。

こちら、平成28年3月高等学校卒業予定者の就職内定状況

|

2015年12月 5日 (土)

採用活動時期の変更、5割超の学生が「卒論等に影響あり」

 文部科学省は11月20日、就職問題懇談会がとりまとめた2015年度の「就職・採用活動時期の変更に関する調査」結果(速報版・10月1日現在)を公表しました。
 4年次では、約3割の大学及び4割以上の学生が「4月以降の授業への影響が大きくなった」と回答。
 卒論等については5割超の学生が「影響あり」としているそうです。

こちら、平成27年度就職・採用活動時期の変更に関する調査結果

|