« 「雇用形態に関わらない公正な待遇の確保のためのシンポジウム」を開催 厚労省 | トップページ | 小企業の売上DIは、マイナス幅が縮小 »

2020年2月 8日 (土)

「パワハラ・嫌がらせ」に関する相談が、11か月連続でトップ 連合「労働相談ダイヤル」(12月)

 連合は1月23日、「なんでも労働相談ダイヤル」2019年12月分集計結果を発表しました。
 受付件数は1,334件で、前年同月比52件減。
 業種別では「医療・福祉」(143件・18.4%)が最多としています。
 主な相談内容は、「パワハラ・嫌がらせ」(175件・14.1%)が11カ月連続で最も多く、9月以降5位に入っていた「年次有給休暇」(112件・9.0%)が2位となったとのことです。

こちら、連合「なんでも労働相談ダイヤル」2019年12月 相談集計報告
https://www.jtuc-rengo.or.jp/soudan/soudan_report/data/201912.pdf?1616

 

|

« 「雇用形態に関わらない公正な待遇の確保のためのシンポジウム」を開催 厚労省 | トップページ | 小企業の売上DIは、マイナス幅が縮小 »

未分類」カテゴリの記事