« 労組組織率は過去最低の16.7%、一方でパート組合員数は過去最高の133万人 労働組合基礎調査 | トップページ | 中小企業の約4割が、米中貿易摩擦により業況へのマイナスの影響あり »

2020年1月 3日 (金)

ボーナス支給額の評価への納得度、「支給額の決定方法の明示」が最多

 エン・ジャパンは12月12日、「冬のボーナスと評価の納得度」意識調査結果を発表しました。
 冬のボーナスの支給額に対して、「納得している」(24%)、「納得していない」(54%)としています。
 納得の理由は、「ボーナス支給額の決定方法が明確なため」(36%)、「会社の業績に見合っているため」(30%)、「自身の成果が適正に評価されているため」(23%)などとのことです。

こちら、「冬のボーナスと評価の納得度」意識調査
https://corp.en-japan.com/newsrelease/2019/20646.html

 

 

|

« 労組組織率は過去最低の16.7%、一方でパート組合員数は過去最高の133万人 労働組合基礎調査 | トップページ | 中小企業の約4割が、米中貿易摩擦により業況へのマイナスの影響あり »

未分類」カテゴリの記事