« 看護師の時間外労働時間、上限規制を超える職場も | トップページ | 雇用保険制度の見直しについて素案を提出 労政審職業安定分科会 »

2019年12月26日 (木)

働き方改革の一環として、「年末みなし勤務」、「年末一時保育」を実施 コープみらい

 生活協同組合コープみらいは12月11日、働き方改革の一環として、12月29日から30日までの期間、宅配センターの職員を対象に「年末みなし勤務」を、保育施設等での保育が実施されない12月29日から31日までの期間、職員を対象に「年末一時保育」をそれぞれ実施すると発表しました。
 「年末みなし勤務」とは、定時前に業務が終了している職員に対して、45分を上限に定時前退社を可能とするものです。
 「年末一時保育」では、同社の会議室を仮設保育室として設置・活用するとしています。

こちら、宅配センター職員向け「年末みなし勤務」、職員向け「年末一時保育」を実施
https://mirai.coopnet.or.jp/info/docs/191211_nenmatsu_workstyle.pdf

 

 

|

« 看護師の時間外労働時間、上限規制を超える職場も | トップページ | 雇用保険制度の見直しについて素案を提出 労政審職業安定分科会 »

未分類」カテゴリの記事