« 「後継者難倒産」の1~9月累計、325件は過去最多 | トップページ | 「パワーハラスメント対策導入マニュアル」の最新版などを公表 厚労省 »

2019年11月 2日 (土)

「人手不足」関連倒産、「従業員退職」型が大幅増

 東京商工リサーチは10月8日、「人手不足」関連倒産結果を発表しました。
 2019年度上半期(4~9月)の「人手不足」関連倒産は、202件(前年同期比7.7%減)としています。
 内訳は、代表者死亡や病気入院などによる「後継者難」型が122件(同23.3%減)でトップは変わらないが、「求人難」型39件(同11.4%増)、事業運営に支障をきたす「従業員退職」型27件(同125.0%増)が増加し、中小企業の深刻な人手不足がうかがえるとしているそうです。

こちら、2019年度上半期(4-9月)「人手不足」関連倒産
https://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20191008_02.html

 

|

« 「後継者難倒産」の1~9月累計、325件は過去最多 | トップページ | 「パワーハラスメント対策導入マニュアル」の最新版などを公表 厚労省 »

未分類」カテゴリの記事