« 10月の街角景況感、前月差10.0ポイント低下 景気ウォッチャー調査 | トップページ | 増収増益企業数、業種別では「建設業」がトップ »

2019年11月26日 (火)

中小企業の半数以上が、「後継者がきまっていない」

 東京商工リサーチは11月7日、2019年「後継者不在率」調査結果を発表しました。
 中小企業で後継者が決まっていない「後継者不在率」は55.6%、代表者の年齢別では、60代40.9%、70代29.3%、80代23.8%。産業別では、情報通信業が74.1%で最高としています。
 ソフトウェア開発などIT関連業種が含まれるため、業歴が浅い企業が多く、代表者の年齢も比較的若いことが影響だとしています。一方、最低は製造業の48.3%とのことです。

こちら、2019年「後継者不在率」調査
https://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20191107_01.html

 

|

« 10月の街角景況感、前月差10.0ポイント低下 景気ウォッチャー調査 | トップページ | 増収増益企業数、業種別では「建設業」がトップ »

未分類」カテゴリの記事