« 県職員自殺は公務災害 「長時間労働でうつ病」 福岡 | トップページ | 6割が「転勤は退職のキッカケになる」と回答 »

2019年11月12日 (火)

「パワハラ・嫌がらせ」に関する相談が8カ月連続で最多 連合「労働相談ダイヤル」(9月)

 連合は10月24日、「なんでも労働相談ダイヤル」2019年9月分集計結果を発表しました。
 受付件数は907件で、前年同月比25件減としています。
 業種別では「医療・福祉」(118件・19.9%)が5カ月連続で最多とのことです。
 主な相談内容は、「パワハラ・嫌がらせ」(123件・13.6%)が8カ月連続で最も多く、次いで「解雇・退職強要・契約打切」(97件・10.7%)だったそうです。

こちら、連合「なんでも労働相談ダイヤル」2019年9月 相談集計報告
https://www.jtuc-rengo.or.jp/soudan/soudan_report/data/201909.pdf

 

|

« 県職員自殺は公務災害 「長時間労働でうつ病」 福岡 | トップページ | 6割が「転勤は退職のキッカケになる」と回答 »

未分類」カテゴリの記事