« 「パワハラ・嫌がらせ」に関する相談が8カ月連続で最多 連合「労働相談ダイヤル」(9月) | トップページ | 道路貨物運転手の5人に1人が、事故を起こした、もしくは起こしそうになったことがある »

2019年11月13日 (水)

6割が「転勤は退職のキッカケになる」と回答

エン・ジャパンは10月24日、『「転勤」に関する意識調査』結果を発表しました。
 6割が「転勤は退職のキッカケになる」と回答、年代別にみると、若手になるにつれ影響度が大きいとしているそうです。
 転勤辞令が出た場合の対処法は、「承諾」(13%)、「条件付き承諾」(50%)、「条件に関係なく拒否」(19%)としています。
 転勤拒否の理由は、20代は「新しい土地に慣れることが大変だから」(40%)、30代は「子育てがしづらいから」(46%)、40代以上は「親の世話・介護がしづらいから」(41%)がそれぞれ最多とのことです。

こちら、「転勤」に関する意識調査
https://corp.en-japan.com/newsrelease/2019/19867.html

 

|

« 「パワハラ・嫌がらせ」に関する相談が8カ月連続で最多 連合「労働相談ダイヤル」(9月) | トップページ | 道路貨物運転手の5人に1人が、事故を起こした、もしくは起こしそうになったことがある »

未分類」カテゴリの記事