« 派遣労働者の同一労働同一賃金に関する「Q&A(第2集)」を公開 厚労省 | トップページ | 大学4年生の10月時点の内定率は90.5% »

2019年11月19日 (火)

職場の悩みが増加、なかでも人間関係やパワハラの相談が増加

 日本産業カウンセラー協会は10月30日、第13回「働く人の電話相談室」の結果を発表しました。
 職場、キャリアに関する悩みの割合が増加しているなかで、「職場の人間関係」、「パワハラ」、「労働条件」などが顕著に増加しており、なかでも「パワハラ」は、職場で解決すべき問題として企業側も取り組みを急ぐべき課題だとしています。

こちら、20 代 30 代の相談件数が増加、職場での人間関係やパワハラ、労働条件に課題
https://www.counselor.or.jp/Portals/0/20191030soudankekka.pdf

 

|

« 派遣労働者の同一労働同一賃金に関する「Q&A(第2集)」を公開 厚労省 | トップページ | 大学4年生の10月時点の内定率は90.5% »

未分類」カテゴリの記事