« 副業・兼業の場合の労働時間管理の在り方等について検討 労政審労働条件分科会 | トップページ | 仕事のやりがい要因、トップは「成果を認められること」 »

2019年10月16日 (水)

ICTの利活用によって離職・休職せずに働き続けられる人は370万人

 情報通信総合研究所は9月25日、ホワイトカラーを対象とした「ICTを活用した働き方に関するアンケート」調査結果を発表しました。
 ICT(テレワーク等)を活用することにより、どの程度、育児、介護、病気などを理由とする離職や休職をせずに働くことが可能かを推計したものとしています。
 現状(2018年)は73万人だが、潜在性は370万人となることが分かったそうです。
 ICTの活用により職場外で働けるようになり、人手不足の緩和に貢献するとしています。

こちら、ICT利活用によって離職・休職せずに働き続けられる人は370万人
https://www.icr.co.jp/press/press20190925.html

 

|

« 副業・兼業の場合の労働時間管理の在り方等について検討 労政審労働条件分科会 | トップページ | 仕事のやりがい要因、トップは「成果を認められること」 »

未分類」カテゴリの記事