« 希望・早期退職者、対象人数は1万人超 | トップページ | 「両立支援等助成金」で、仕事と家庭の両立支援に取り組む事業主を応援 厚労省 »

2019年10月30日 (水)

業界天気図「曇り」予想が最多

 帝国データバンクは10月8日、「業界天気図」動向調査(2019年度見通し)を発表しました。
 100業界197分野の業界動向について、19年度の業界天気を予想し、その展望をまとめたものとしています。
 19年度の展望は、「晴天」84分野(対前年度比3分野減)、「曇り」72分野(同3分野増)、雨天41分野(増減なし)となったそうです。
 「曇り」は14年度(79分野)以来5年ぶりの増加としています。
 TDB業況指数は、19年度は48.7と予想、19年2月時点(49.0)から0.3ポイントの下方修正を見込むとのことです。
 業況は3年ぶりに悪化局面に入るものと想定しているそうです。

こちら、「業界天気図」動向調査(2019年度見通し)
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p191001.html

 

|

« 希望・早期退職者、対象人数は1万人超 | トップページ | 「両立支援等助成金」で、仕事と家庭の両立支援に取り組む事業主を応援 厚労省 »

未分類」カテゴリの記事