« 8月の二人以上世帯の消費支出、前年同月比実質1.0%増 家計調査報告 | トップページ | 2020年卒業予定大学生の就職内定率は93.8% »

2019年10月25日 (金)

就職氷河期世代の就職支援、約7割が「知らない」

 マイナビは10月8日、現在フリーターとして働く、15歳から44歳の既卒の男女を対象とした「フリーターの意識・就労実態調査」結果を発表しました。
 フリーターになったきっかけは、全体では「正社員より楽」が最多、35歳以上では「正社員として雇ってくれるところがなかった」など外部環境に起因する回答が高いとしています。
 就職氷河期世代の就職支援については、「知っている」(32.4%)、「知らない」(67.6%)だそうです。

こちら、『フリーターの意識・就労実態調査』を発表
https://www.mynavi.jp/news/2019/10/post_21515.html

 

|

« 8月の二人以上世帯の消費支出、前年同月比実質1.0%増 家計調査報告 | トップページ | 2020年卒業予定大学生の就職内定率は93.8% »

未分類」カテゴリの記事