« 『人手不足の下での「働き方」をめぐる課題について』分析 2019年版労働経済白書 | トップページ | ICTの利活用によって離職・休職せずに働き続けられる人は370万人 »

2019年10月15日 (火)

副業・兼業の場合の労働時間管理の在り方等について検討 労政審労働条件分科会

 厚生労働省は9月26日、「第154回労働政策審議会労働条件分科会」を開催しました。
 議題は、「副業・兼業の場合の労働時間管理の在り方について」、「賃金等請求権の消滅時効の在り方について」としています。
 資料としては、「副業・兼業の場合の労働時間管理の在り方に関する検討会」報告書骨子、「賃金等請求権の消滅時効の在り方に関する検討会」の「論点」などが示されています。

こちら、第154回労働政策審議会労働条件分科会(資料)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06964.html

 

|

« 『人手不足の下での「働き方」をめぐる課題について』分析 2019年版労働経済白書 | トップページ | ICTの利活用によって離職・休職せずに働き続けられる人は370万人 »

厚生労働省」カテゴリの記事