« 消費者マインドの基調判断、「弱まっている」で据え置き 9月消費動向調査 | トップページ | 「両立支援等助成金」で、仕事と家庭の両立支援に取り組む事業主を応援 厚労省 »

2019年10月21日 (月)

働き方改革で業務量が増す中間管理職

 パーソル総合研究所は10月3日、「中間管理職の就業負担に関する定量調査」結果を発表しました。
 働き方改革が進んでいる企業群では、中間管理職自らの業務量が増加したとの回答割合が62.1%である一方、進んでいない企業群では48.2%(全企業の平均52.5%)としています。
 働き方改革による労働時間の削減により、中間管理職に負担が増加するとしています。

こちら、働き方改革進む企業で負担増す中間管理職
https://rc.persol-group.co.jp/news/201910030001.html

 

|

« 消費者マインドの基調判断、「弱まっている」で据え置き 9月消費動向調査 | トップページ | 「両立支援等助成金」で、仕事と家庭の両立支援に取り組む事業主を応援 厚労省 »

未分類」カテゴリの記事