« 41%が副業を希望する一方、勤務先の容認度は23%に留まる | トップページ | 公的年金の財政検証結果を公表 社会保障審議会年金部会 »

2019年9月 5日 (木)

「内定ブルー」を経験した学生は52.8%

 マイナビは8月22日、2020年卒の学生を対象にした「学生就職モニター調査7月の活動状況」を発表しました。
 入社予定先を決めた後に「本当にこの会社でいいのか」と不安になったことがある学生の割合は52.8%(前年比1.6ポイント増)としています。
 不安になった理由は「この会社できちんと務まるかどうか」(34.3%)、「悪い評判・口コミで」(19.8%)などとのことです。

こちら、『2020年卒 マイナビ学生就職モニター調査 7月の活動状況』を発表
https://www.mynavi.jp/news/2019/08/post_21137.html

 

|

« 41%が副業を希望する一方、勤務先の容認度は23%に留まる | トップページ | 公的年金の財政検証結果を公表 社会保障審議会年金部会 »

未分類」カテゴリの記事