« 「パワハラ・嫌がらせ」に関する相談が6カ月連続で最多 連合「労働相談ダイヤル」(8月) | トップページ | 年次有給休暇の取得促進 厚労省 »

2019年9月28日 (土)

同じ職種で平均月収を比較、外国人は日本人より4.6万円安い

 パーソル総合研究所は9月12日、「外国人雇用に関する企業の意識・実態調査」結果を発表しました。
 正社員の日本人と外国人の賃金を同じ職種で比較したところ、外国人の平均月収の方が4.6万円安かったそうです。
 技能実習生を同じ職務で比較したところ、日本人より低水準の給与と回答した雇用主は46.7%にのぼったとしています。
 また、改正入管法が創設した新しい在留資格「特定技能」について聞いたところ、「検討していない」(45.2%)、「よく知らない」(18.4%)となり、計63.6%の企業が消極的だったとのことです。

こちら、「外国人雇用に関する企業の意識・実態調査」の結果発表
https://rc.persol-group.co.jp/news/201909120001.html

 

 

|

« 「パワハラ・嫌がらせ」に関する相談が6カ月連続で最多 連合「労働相談ダイヤル」(8月) | トップページ | 年次有給休暇の取得促進 厚労省 »

未分類」カテゴリの記事