« 「パワハラ・嫌がらせ」に関する相談が5カ月連続で最多 連合「労働相談ダイヤル」(7月) | トップページ | 「内定ブルー」を経験した学生は52.8% »

2019年9月 4日 (水)

41%が副業を希望する一方、勤務先の容認度は23%に留まる

 エン・ジャパンは8月22日、「副業」実態調査結果を発表しました。
 副業に対して41%が「希望している」と回答する一方で、勤務先の副業容認度は23%に留まるとしています。
 副業未経験者に、副業の不安を尋ねたところ、「手続きや税金の処理が面倒」(52%)、「本業に支障が出そう」(46%)、「過重労働で体調を崩しそう」(41%)などとのことです。

こちら、1万人が回答!「副業」実態調査 『エン転職』ユーザーアンケート―
https://corp.en-japan.com/newsrelease/2019/18965.html

 

|

« 「パワハラ・嫌がらせ」に関する相談が5カ月連続で最多 連合「労働相談ダイヤル」(7月) | トップページ | 「内定ブルー」を経験した学生は52.8% »

未分類」カテゴリの記事