« 国内景気は8カ月連続で悪化、後退局面入りの可能性が高まる | トップページ | 全国加重平均額901円、昨年度から27円引上げ 地方最賃審答申 »

2019年8月25日 (日)

面接開始、内定出し開始の時期、いずれも早期化が進行

 ディスコは7月29日、「2020年卒・新卒採用に関する企業調査―中間調査」結果を発表しました。
 20年3月卒業予定者の反応は、19年卒採用と比較した場合、エントリー数、選考応募者数ともに「減った」が「増えた」を大きく上回ったとしています。
 面接開始は「1月以前~4月上旬」が前年より増え、面接開始のタイミングが全体的に早まったとしています。
 内定出し開始は、「4月下旬」が最多となり、前年最多の「6月上旬」は減少したそうです。

こちら、2020年卒・新卒採用に関する企業調査-中間調査(2019年7月)
https://www.disc.co.jp/press_release/7196/

 

 

|

« 国内景気は8カ月連続で悪化、後退局面入りの可能性が高まる | トップページ | 全国加重平均額901円、昨年度から27円引上げ 地方最賃審答申 »

未分類」カテゴリの記事