« 若手社員の6割超が「勤務先でストレスを感じている」 | トップページ | 2019年7月の総人口、前年同月比31万人減 総務省人口推計 »

2019年8月14日 (水)

「早期・希望退職」、上半期で17社が募集、人数は前年1年間の2倍増

 東京商工リサーチは7月18日、上場企業を対象とした「早期・希望退職」実施状況を発表しました。
 2019年上半期(1~6月)に希望・早期退職者を募集した上場企業は17社に達し、すでに18年の実施企業数(12社)を上回ったとしています。
 募集人数は合計8,178人(判明分)で、前年の年間募集人数4,126人の約2倍増とのことです。
 業種別では、電気機器(5社)、製薬(4社)。
 年齢条件付での募集では、45歳以上(10社)が最多、次いで40歳以上(2社)、35歳以上(1社)で、募集年齢の若齢化が目立ったそうです。

こちら、2019年上半期(1月-6月) 上場企業「早期・希望退職」実施状況、
http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20190718_01.html

 

|

« 若手社員の6割超が「勤務先でストレスを感じている」 | トップページ | 2019年7月の総人口、前年同月比31万人減 総務省人口推計 »

未分類」カテゴリの記事