« 設備投資を実施した企業、予定している企業 いずれも前年度比上昇 | トップページ | SNS相談事業の実施結果を公表、「メンタル不調」がトップ 厚労省 »

2019年6月14日 (金)

産婦人科医の過労死認める 長時間労働で精神疾患 広島地裁

 中国地方の病院で勤務していた当時50代の男性産婦人科医が自殺したのは、長時間の時間外労働などによる精神疾患が原因だとして、遺族が国を相手に労災保険の遺族補償の不支給処分取り消しを求めた訴訟の判決が5月29日、広島地裁でありました。
 高島義行裁判長は業務と精神疾患との因果関係を認め、処分を取り消しました。

こちら、産婦人科医の過労死認める 長時間労働で精神疾患 広島地裁
https://www.jil.go.jp/kokunai/mm/hanrei/20190531.html?mm=1496

 

|

« 設備投資を実施した企業、予定している企業 いずれも前年度比上昇 | トップページ | SNS相談事業の実施結果を公表、「メンタル不調」がトップ 厚労省 »

労 災」カテゴリの記事