« 「パワハラ防止法」成立 | トップページ | 地元就職希望率、調査開始以来初めて5割を下回る »

2019年6月10日 (月)

職場でハラスメントを受けたことがある人は38%

 連合は5月28日、「仕事の世界におけるハラスメントに関する実態調査2019」結果を発表しました。
 職場でハラスメントを受けたことがある人の割合は38%としています。
 行為者ごとに見ると、上司からは「脅迫・名誉棄損・侮辱・ひどい暴言などの精神的な攻撃」が、同僚からは「隔離・仲間外し・無視などの人間関係からの切り離し」が、取引先からは「セクシュアル・ハラスメント」がそれぞれ最も多かったそうです。

こちら、仕事の世界におけるハラスメントに関する実態調査2019
https://www.jtuc-rengo.or.jp/info/chousa/data/20190528.pdf

 

|

« 「パワハラ防止法」成立 | トップページ | 地元就職希望率、調査開始以来初めて5割を下回る »

未分類」カテゴリの記事