« 4人に1人の病院職員が年休取得年5日未満 自治労連調査 | トップページ | 2018年職場での熱中症死亡者数と死傷者数、ともに前年の倍に 厚労省 »

2019年5月27日 (月)

5割以上が応募書類に「本籍地や出生地」の記入を求められた 連合調査

 連合は5月15日、採用選考における就職差別の実態把握を目的とした「就職差別に関する調査2019」結果を発表しました。
 応募書類やエントリーシートで記入を求められた内容を聞いたところ(単一回答形式)、「本籍地や出生地」(56.4%)、「家族構成」(35.9%)、「住居や資産状況」(21.8%)など、採用活動時に収集してはならない情報が収集されていることが明らかになったとしています。
 面接官が聞いてはいけない質問についての認識を聞いたところ(複数回答形式)、「宗教」(66.5%)、「支持政党」(61.9%)、「家族の職業・収入」(52.6%)、「尊敬する人物」(12.9%)など、認識率に差があったとしています。


こちら、就職差別に関する調査2019
https://www.jtuc-rengo.or.jp/info/chousa/data/20190515.pdf


 


|

« 4人に1人の病院職員が年休取得年5日未満 自治労連調査 | トップページ | 2018年職場での熱中症死亡者数と死傷者数、ともに前年の倍に 厚労省 »

未分類」カテゴリの記事