« 5割以上が応募書類に「本籍地や出生地」の記入を求められた 連合調査 | トップページ | 2018年12月の総人口、前年同月比26万人減 総務省人口推計 »

2019年5月28日 (火)

2018年職場での熱中症死亡者数と死傷者数、ともに前年の倍に 厚労省

 厚生労働省は5月17日、2018年「職場における熱中症による死傷災害の発生状況」(確定値)を公表しました。
 死傷者数(死亡・休業4日以上)は1,178人で、前年度比634人増、うち死亡者は28人(同14人増)とのことです。
 2017年と比較して、死傷者、死亡数いずれも2倍以上の増加としています。
 業種別の死亡者は建設業が最多となり、全体の35%(10人)。
 厚生労働省では、5月1日から9月30日まで「STOP!熱中症クールワークキャンペーン」を実施するそうです。

こちら、2018年「職場における熱中症による死傷災害の発生状況」(確定値)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_04759.html

 

|

« 5割以上が応募書類に「本籍地や出生地」の記入を求められた 連合調査 | トップページ | 2018年12月の総人口、前年同月比26万人減 総務省人口推計 »

厚生労働省」カテゴリの記事