« コンプライアンス違反倒産は3年ぶりに増加 | トップページ | 「正社員」と「パートタイム・有期雇用労働者」との間の不合理な待遇差解消を支援するツールを公開 »

2019年5月 6日 (月)

今年の新入社員は失敗を恐れる傾向

 日本能率協会は4月16日、「2019年度 新入社員意識調査」結果を発表しました。
 仕事をしていく上で不安に感じていること(3つまで選択可)は、「仕事での失敗やミス」と 「上司・同僚など職場の人とうまくやっていけるか」が43.0%で同率トップとしています。
 転職を考えるシチュエーションは、「パワハラやセクハラにあったとき」(76.8%)、「職場の人間関係が悪いとき」(73.5%)などとのことです。

こちら、新入社員をデータで読み解く 2019年度 新入社員意識調査
https://jma-news.com/archives/aw_newsrelease/2974?_ga=2.120883147.236272306.1555494772-714964732.1523592705

 

|

« コンプライアンス違反倒産は3年ぶりに増加 | トップページ | 「正社員」と「パートタイム・有期雇用労働者」との間の不合理な待遇差解消を支援するツールを公開 »

未分類」カテゴリの記事