« 国内景気は5カ月連続で悪化 | トップページ | 自社の事業所所在地における災害リスクの認知度は47.6% »

2019年5月23日 (木)

設備投資の割合が調査開始以来、過去最高

 日本政策金融公庫は5月9日、生活衛生関係営業の企業を対象とした「設備投資に関するアンケート調査」結果(2019年1~3月期)を発表しました。
 18年の設備投資の実施状況は、「実施した」企業は29.7%で、前年調査を1.6ポイント上回り、08年の調査開始以来過去最高となったそうです。
 消費税増税が設備投資の実施時期に与える影響について、「設備投資の実施時期を消費税増税前に前倒しする」企業が全体の約6割を占めたとのことです。

こちら、設備投資割合が調査開始以来、過去最高
https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/seikatsu19_0509a.pdf

 

|

« 国内景気は5カ月連続で悪化 | トップページ | 自社の事業所所在地における災害リスクの認知度は47.6% »

未分類」カテゴリの記事