« 就活生の約9割が「ブラック企業を気にする」 | トップページ | 一般労働者の賃金、男女ともに対前年比増 厚労省 »

2019年4月12日 (金)

約8割の学生が、今後のインターンシップ参加に意欲的

 マイナビは3月27日、大学1、2年生を対象とした「大学生低学年のキャリア意識調査」結果を発表しました。
 仕事を考える上で受けてみたいものは「インターンシップ」(59.7%)、「職場見学・会社見学」(44.2%)などとしています。
 インターンシップ経験の有無と今後の参加意欲について、「経験があり、今後も参加したい」(14.1%)、「経験はないが、今後やってみたい」(65.1%)とのことです。
 合わせて79.2%の学生が、今後のインターンシップの参加に意欲的だとしています。

こちら、「2019年マイナビ 大学生低学年のキャリア意識調査」
https://www.mynavi.jp/news/2019/03/post_19528.html

 

|

« 就活生の約9割が「ブラック企業を気にする」 | トップページ | 一般労働者の賃金、男女ともに対前年比増 厚労省 »

未分類」カテゴリの記事