« 約8割の学生が、今後のインターンシップ参加に意欲的 | トップページ | 教育訓練費用の支出企業は56.1% 能力開発基本調査 »

2019年4月13日 (土)

一般労働者の賃金、男女ともに対前年比増 厚労省

 厚生労働省は3月29日、2018年「賃金構造基本統計調査」結果を発表しました。
 一般労働者(短時間労働者以外の労働者)の月額賃金は、男女計30万6,200円(前年比0.6%増)、男性33万7,600円(同0.6%増)、女性24万7,500円(同0.6%増)としています。
 人手不足等を背景として、25歳未満の若年層や55~64歳の高齢層で賃金の伸びが大きくなっていること、男女ともに勤続年数が伸びていることなどが要因と考えられるとのことです。

こちら、平成30年賃金構造基本統計調査 結果
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2018/index.html

 

|

« 約8割の学生が、今後のインターンシップ参加に意欲的 | トップページ | 教育訓練費用の支出企業は56.1% 能力開発基本調査 »

厚生労働省」カテゴリの記事