« 若手社員は電話応対に抵抗あり | トップページ | 同性パートナーがいる社員向けに、福利厚生制度を拡充 »

2019年4月 4日 (木)

東京圏(1都3県)からの転出企業、2年連続で増加

 帝国データバンクは3月8日、「1都3県・本社移転企業調査(2018年)」結果を発表しました。
 「まち・ひと・しごと創生総合戦略」では、2020年までに地方と東京圏(1都3県)の人口転出入の均衡化のための方策として、企業の地方拠点強化があげられているが、18年に1都3県から転出した企業は285社で、2年連続で前年を上回ったとしています。

こちら、1都3県・本社移転企業調査(2018年)
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p190303.html

 

|

« 若手社員は電話応対に抵抗あり | トップページ | 同性パートナーがいる社員向けに、福利厚生制度を拡充 »

未分類」カテゴリの記事