« 長時間労働に繋がる商慣行の実態を調査 中小企業庁 | トップページ | 半数が「仕事の達成感」を感じることができず転職を意識 »

2019年3月23日 (土)

希望する障がい配慮、第1位は「通院への配慮有り」

 スタートラインは2月27日、「障がい者の就職・転職に関する意識調査」結果を発表しました。
 希望する障がい配慮は、「通院への配慮有り」(19.3%)、「就業時間や日数、休憩時間などの配慮有り」(18.9%)などとしています。
 就職・転職を考えるにあたり重視するポイントは、「仕事内容」(13.4%)、「障がい配慮が有る」(13.3%)などとのことです。


こちら、障がい者の就職・転職に関する意識調査結果

|

« 長時間労働に繋がる商慣行の実態を調査 中小企業庁 | トップページ | 半数が「仕事の達成感」を感じることができず転職を意識 »