« 家内労働者数は11万812人 厚労省 | トップページ | 「改正労働基準法に関するQ&A」を公表 厚労省 »

2019年3月31日 (日)

平成時代の職場における印象的な変化は、インターネットの普及と禁煙化

 アデコは3月6日、平成元年に新卒で入社した社会人を対象とした「平成時代に関する調査」結果を発表しました。
 平成時代における職場での変化でもっとも印象に残っていることは、「インターネットの普及によって仕事のやり方が変わった」としています。
 次いで「職場が禁煙になった」だったそうです。
 また、勤務形態の柔軟化、子育てや介護と仕事の両立など、働き方や職場環境は改善したが、退職金制度、手当・補助、福利厚生は悪化したという考えが多かったとのことです。

こちら、平成元年新卒入社の社会人1,000人を対象にした調査
https://www.adecco.co.jp/about/pressroom/investigation/2019/0306/

 

|

« 家内労働者数は11万812人 厚労省 | トップページ | 「改正労働基準法に関するQ&A」を公表 厚労省 »

未分類」カテゴリの記事