« 家族揃っての食事回数が多い子供は、将来「働くこと」にポジティブな傾向に | トップページ | 2人に1人の求職者が、インターネット関連で仕事を検索 »

2019年3月 3日 (日)

アルバイト社員の不足感を感じる企業は約7割

 マイナビは2月12日、「アルバイト採用活動に関する企業調査」結果を発表しました。
 アルバイト社員の不足感を感じる企業は68.7%としています。
 業種別では、いずれの業種も人材不足感が強く、「警備・交通誘導」「清掃」では8割を超えたとのことです。
 人材確保のために実施した施策は、「給与の増額」(30.6%)、「シフトの緩和」(26.2%)、「シニア層の積極採用」(23.0%)などだそうです。

こちら、アルバイト採用活動に関する企業調査

|

« 家族揃っての食事回数が多い子供は、将来「働くこと」にポジティブな傾向に | トップページ | 2人に1人の求職者が、インターネット関連で仕事を検索 »

未分類」カテゴリの記事