« 8割が定年延長に「賛成」 | トップページ | 2019年1月の総人口、前年同月比25万9,000人減 総務省人口推計 »

2019年2月 2日 (土)

7割以上が自身の睡眠に不満

 ニューロスペースは1月21日、都内日勤企業の会社員を対象とした2018年度「企業の睡眠負債」実態調査結果を発表しました。
 睡眠に対して「満足していない」は74%としています。
 理想の睡眠時間は平均7.37時間、実際の睡眠時間は平均6.18時間で、マイナス1.2時間の差があるとのことです。
 睡眠を妨げる原因は、「仕事による帰宅の遅さ」(33%)、「ベッドでのスマホ」(21%)、「通勤時間」(18%)などとしています。

こちら、2018年度「企業の睡眠負債」実態調査
 

|

« 8割が定年延長に「賛成」 | トップページ | 2019年1月の総人口、前年同月比25万9,000人減 総務省人口推計 »

未分類」カテゴリの記事