« 一致指数、前月比0.6ポイント下降 12月景気動向指数 | トップページ | 1月の国内景気、後退局面入りの兆し »

2019年2月20日 (水)

12月の二人以上世帯の消費支出、前年同月比実質0.1%増 家計調査報告

 総務省は2月8日、2018年12月の「家計調査報告」(速報)を公表しました。
 二人以上世帯の1世帯当たりの消費支出は、前年同月比実質0.1%増の32万9,271円としています。
 勤労者世帯の実収入は、1世帯当たり同2.3%増の102万6,628円とのことです。
 また、同日公表の2018年平均によると、二人以上世帯の1世帯当たりの消費支出は、前年比実質0.4%減の28万7,315円、勤労者世帯の実収入は、1世帯当たり同0.6%減の55万8,718円としています。
 いずれも調査方法の変更の影響による変動を調整した推計値とのことです。

こちら、家計調査(二人以上の世帯)2018年12月分(2019年2月8日公表)
 

|

« 一致指数、前月比0.6ポイント下降 12月景気動向指数 | トップページ | 1月の国内景気、後退局面入りの兆し »

総務省」カテゴリの記事