« 老舗企業の倒産構成比32.7%、最高記録を更新 | トップページ | 12月の二人以上世帯の消費支出、前年同月比実質0.1%増 家計調査報告 »

2019年2月19日 (火)

一致指数、前月比0.6ポイント下降 12月景気動向指数

 内閣府は2月7日、2018年12月の「景気動向指数(速報)」を公表しました。
 景気の現状を示す「一致指数」は102.3で、前月比0.6ポイント下降し、2カ月連続の下降としています。
 「商業販売額(卸売業)(前年同月比)」、「有効求人倍率(除学卒)」などがマイナスに寄与したそうです。
 一致指数の基調判断は、「足踏みを示している」で据置きとのことです。

こちら、景気動向指数 結果
 

|

« 老舗企業の倒産構成比32.7%、最高記録を更新 | トップページ | 12月の二人以上世帯の消費支出、前年同月比実質0.1%増 家計調査報告 »

内閣府」カテゴリの記事