« 全国の休廃業・解散企業、2年ぶりに増加、倒産は減少 | トップページ | 外国人労働者約146万人、届出義務化以降最高を更新 厚労省 »

2019年2月 6日 (水)

離職経験者の42.3%が「1年未満」の早期離職

ディップは1月22日、「アルバイト・パートスタッフの離職に関するアンケート調査」結果を発表しました。
 調査対象は、3年以内にアルバイト・パートの仕事を経験した15~69歳の男女としています。
 長期就業前提の仕事を離職した人のうち4割が1年未満、2割が半年未満に離職そうです。
 長期就業継続に最も影響する制度は、「自分が働きたい日・時間に、自由に出勤可能な制度」とのことです。

こちら、アルバイト・パートスタッフの離職事情3,121人アンケート調査
 

|

« 全国の休廃業・解散企業、2年ぶりに増加、倒産は減少 | トップページ | 外国人労働者約146万人、届出義務化以降最高を更新 厚労省 »

未分類」カテゴリの記事