« 特集「『平成』の30年は何を残したのか」 『DIO』2月合併号 | トップページ | 転職者の3割が「前職と比べて賃金が1割以上増加した」 »

2019年2月12日 (火)

「人材不足の部門がある」企業は9割

 エン・ジャパンは1月29日、2019年「企業の人材不足」実態調査結果を発表しました。
 「人材が不足している部門がある」と回答した企業は89%で、16年調査に比べて5ポイント上昇としています。
 業種別では、「IT・情報処理・インターネット関連」、「不動産・建設関連」、「メーカー」がいずれも91%でトップです。
 不足している職種は、「営業職(営業、MR、人材コーディネーター他)」が35%で最多とのことです。

こちら、2019年「企業の人材不足」実態調査 『人事のミカタ』アンケート
 

|

« 特集「『平成』の30年は何を残したのか」 『DIO』2月合併号 | トップページ | 転職者の3割が「前職と比べて賃金が1割以上増加した」 »

未分類」カテゴリの記事