« 約半数の保護者が、子どもの就職先に「安定」を求める | トップページ | 約半数の学生が、就活ルール廃止に「賛成」 »

2019年1月 3日 (木)

ミドルの約4割が「65歳以上になっても働きたい」

 マンパワーグループは2018年12月18日、直近3年以内に転職した35~55歳の正社員男女を対象とした、今後の働き方への意識についての調査結果を発表しました。
 働きたいと思う年齢の上限は、「60~64歳」(39.0%)、「65~69歳」(32.5%)などとのことです。
「70歳以上」(9.3%)を合わせると、「65歳以上になっても働きたい」という人が約4割を占めたそうです。
 勤務している会社が導入している継続雇用制度については、「再雇用」(48.8%)、「定年延長」(21.3%)、「勤務延長」(18.8%)、「定年制廃止」(11.3%)としています。

こちら、ミドル転職のポイントは「継続雇用制度の有無」

|

« 約半数の保護者が、子どもの就職先に「安定」を求める | トップページ | 約半数の学生が、就活ルール廃止に「賛成」 »

未分類」カテゴリの記事