« インターンシップ参加企業からのアプローチは8割以上 | トップページ | 「パワハラ・嫌がらせ」に関する相談が急増 連合「労働相談ダイヤル」(12月) »

2019年1月29日 (火)

「老後の生活設計と公的年金に関する世論調査」を公表 内閣府

 内閣府は1月18日、「老後の生活設計と公的年金に関する世論調査」結果を公表しました。 
 「何歳まで仕事をしたいか(したか)」に対して、「51~60歳」(18.8%)、「61~65歳」(30.7%)、「66~70歳」(21.5%)、「71~75歳」(9.2%)などとしています。
 の年齢まで働きたい(いた)理由」では、「経済的にゆとりある生活を送りたいから」(28.9%)、「働き続けないと生活費が足りないと思うから」(24.9%)と、経済的な理由が1、2位を占めたそうです。

こちら、老後の生活設計と公的年金に関する世論調査
 

|

« インターンシップ参加企業からのアプローチは8割以上 | トップページ | 「パワハラ・嫌がらせ」に関する相談が急増 連合「労働相談ダイヤル」(12月) »

内閣府」カテゴリの記事