« あけましておめでとうございます | トップページ | ミドルの約4割が「65歳以上になっても働きたい」 »

2019年1月 2日 (水)

約半数の保護者が、子どもの就職先に「安定」を求める

 マイナビは2018年12月18日、「2018年度マイナビ就職活動に対する保護者の意識調査」結果を発表しました。
 入社して欲しい企業の特徴としては、「経営が安定している」(46.2%)が最も多く、続いて「本人の希望や意思に沿っている」(28.7%)、「福利厚生が充実している」(19.1%)などとしています。
 金銭的支援以外で子どもへの就職支援として行ったことは、「あまり気を遣わないような雰囲気や環境作り」(45.9%)、「身だしなみを整える手伝い」(26.5%)、「企業選びのアドバイス(21.3%)」などとのことです。

こちら、「2018年度マイナビ就職活動に対する保護者の意識調査」

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | ミドルの約4割が「65歳以上になっても働きたい」 »

未分類」カテゴリの記事