« 消費者態度指数42.7 3カ月連続で対前月減 12月消費動向調査 | トップページ | 非正規、正社員と同一賃金 働き方改革で待遇改善 日通 »

2019年1月17日 (木)

景況感DI、現在は若干悪化、1年後は大幅悪化 日銀の生活意識調査

 日本銀行は1月9日、全国の満20歳以上の個人4,000人を対象とした「生活意識に関するアンケート調査」(第76回、2018年12月)結果を公表しました。
 現在の景況感DI(「良くなった」から「悪くなった」を減じた値)は、前回調査(2018年9月)から1.0ポイント悪化、1年後については14.9ポイント悪化としています。
 景況判断の根拠(2つまでの複数回答)は、「自分や家族の収入の状況から」(58.0%)、「勤め先や自分の店の経営状況から」(32.7%)、「商店街、繁華街などの混み具合をみて」(25.7%)などとのことです。

こちら、「生活意識に関するアンケート調査」第76回 2018年12月調査
 

|

« 消費者態度指数42.7 3カ月連続で対前月減 12月消費動向調査 | トップページ | 非正規、正社員と同一賃金 働き方改革で待遇改善 日通 »

日銀」カテゴリの記事