« 約半数の学生が、就活ルール廃止に「賛成」 | トップページ | 国等の障害者雇用状況、実雇用率は1.22% »

2019年1月 5日 (土)

「勤務間インターバル制度の普及促進に向けた報告書」を公表

 厚生労働省は2018年12月21日、「勤務間インターバル制度普及促進のための有識者検討会」報告書を公表しました。
 報告書では、同制度は労働者の生活時間や睡眠時間を確保し、健康な生活を送るために重要な制度であること、制度の認知度が低いことや中小企業等が導入する際の手順が分からないことが挙げられること、などのポイントを取りまとめたとしています。
 今後は、この報告書の活用を図りながら、働き方改革関連法の周知と併せて、勤務間インターバル制度の普及に取り組むとしているそうです。

こちら、「勤務間インターバル制度普及促進のための有識者検討会」の報告書

|

« 約半数の学生が、就活ルール廃止に「賛成」 | トップページ | 国等の障害者雇用状況、実雇用率は1.22% »

厚生労働省」カテゴリの記事