« 入職率9.2%、離職率8.6%、7年連続入職超過 2018年上半期雇用動向調査 | トップページ | 一致指数、前月比1.9ポイント下降 11月景気動向指数 »

2019年1月14日 (月)

被保護世帯は163万9,185世帯、前年同月比で減少 10月被保護者調査

 厚生労働省は1月9日、生活保護法に基づく「被保護者調査」(2018年10月分概数)結果を公表しました。
 被保護実人員は209万7,426人で、前年同月比2万7,891人減少としています。
 被保護世帯は163万9,185世帯で、同3,722世帯減少とのことです。
 世帯類型別では、高齢者世帯が88万2,001世帯(前年同月比1万6,669増)で最多(構成割合54.1%)となっているそうです。
 母子世帯は8万6,725世帯(同5,930減)とのことです。

こちら、生活保護の被保護者調査(平成30年10月分概数)の結果
 

|

« 入職率9.2%、離職率8.6%、7年連続入職超過 2018年上半期雇用動向調査 | トップページ | 一致指数、前月比1.9ポイント下降 11月景気動向指数 »

厚生労働省」カテゴリの記事