« 「就活ルール」の廃止、賛否拮抗 | トップページ | 甲状腺がんで労災認定 福島第1事故後作業 厚労省 »

2018年12月19日 (水)

介護職の離職理由「給与の低さ」「キャリアの見通しのなさ」

 ベネッセスタイルケアとパーソル総合研究所は12月6日、介護業界の離職経験者を対象とした「介護人材の離職実態調査2017」調査結果を共同で発表しました。
 離職した介護職の31%が入社1年未満で、離職者の55%が業界外に流出した(無職含む)としています。
 介護職を離職した人のうち、21.3%が「給与の低さ」、17.3%が「キャリアの見通しのなさ」を離職理由として挙げているそうです。

こちら、介護業界の離職経験者 1,600 人に対する調査結果

|

« 「就活ルール」の廃止、賛否拮抗 | トップページ | 甲状腺がんで労災認定 福島第1事故後作業 厚労省 »

未分類」カテゴリの記事