« 新規高卒就職者の約4割、新規大卒就職者の約3割が、就職後3年以内に離職 | トップページ | 2018年5月の総人口、前年同月比25万8,000人減 »

2018年11月 5日 (月)

2017年の年休取得日数は9.3日、取得率51.1% 就労条件総合調査

 厚生労働省は10月23日、2018年「就労条件総合調査」結果を公表しました。
 17年1年間の年次有給休暇の取得日数は9.3日(前年9.0日)で、取得率は51.1%(同49.4%)としています。
 企業規模別にみると、「1,000人以上」(58.4%)、「300~999人」(47.6%)、「100~299人」(47.6%)、「30~99人」(44.3%)とのことです。
 産業別では、「電気・ガス・熱供給・水道業」が72.9%と最も高く、「宿泊業、飲食サービス業」が32.5%と最も低いそうです。

こちら、平成30 年「就労条件総合調査」の結果

|

« 新規高卒就職者の約4割、新規大卒就職者の約3割が、就職後3年以内に離職 | トップページ | 2018年5月の総人口、前年同月比25万8,000人減 »

厚生労働省」カテゴリの記事