« 同一労働同一賃金、「言葉も意味も知っている」は2割に留まる | トップページ | 66歳以上働ける制度のある企業割合、27.6% 厚労省調査 »

2018年11月27日 (火)

作業中の男性死亡、労災認定 駒井ハルテック和歌山工場

 東証1部上場で橋梁などの製造を手掛ける駒井ハルテックの和歌山工場(和歌山県由良町)で昨年2月、倒れてきた部材で頸椎と脳幹部を損傷して死亡した社員の山本慎也さん=当時(22)=について、御坊労働基準監督署(同県御坊市)が今年10月に労災認定していたことが分かったそうです。
 遺族と弁護士が11月14日、東京都内で記者会見して明らかにしたとのことです。

こちら、作業中の男性死亡、労災認定 駒井ハルテック和歌山工場

|

« 同一労働同一賃金、「言葉も意味も知っている」は2割に留まる | トップページ | 66歳以上働ける制度のある企業割合、27.6% 厚労省調査 »

労 災」カテゴリの記事